小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

今年もアリガトウございました。。

と、いう訳で今年も残り数時間で終わりですが、毎年恒例の本年落成車達を反省の意味を込めて振り返ってみたいと思います。
e0073289_21414631.jpg

まずはエンドウ701系キットから制作した705F。
何と言っても小手指車両工場製の子初の模型誌(とれいん8月号)させていただきました記念すべき車両です。
組易さはさすがエンドウ製でしたが、色々実車と異なる点が多かったので、細かく手を加えてあります。
まあ、よ~く見ないと分からないですが・・・。

e0073289_21462015.jpg

今年落成したNゲージの車両は101系分散冷房車1編成だけでした・・。
来年はもう少しNの車両も制作したいです。
これはU-TRAINSさんから分散冷房車のパンタ車のエッチング配管とクーラーを分けていただきましたので、制作してみました。
おいら的にはNゲージではあまり手を加えずに素組でスッキリ組む事にしておりますが・・。
最近はプラキットより金属キットのほうが組みやすいと感じるようになってきました。。

e0073289_21503987.jpg

最後はカツミ製の4000系(ワンマン改造後、シングルアーム化)。
最後といっても7月に落成しているんですが・・・。
これは何と言ってもデカール貼りに苦労しました。
しかし、あの帯を塗装で表現できる腕がおいらにはありませんので・・。
慣れれば塗装より綺麗で簡単にあの帯が表現できます。
まあ、やっぱりおいらの力量が足りなかっただけなんですが・・。
(国立工場長は真っ直ぐ、綺麗に貼れていました)。

このほか、モジュールレイアウト1本と大きいほうの展示台を1個制作しました。
展示台では川の表現に苦労しましたが、沢山の方々にアドヴァイス頂き、無事に完成させることができました。
ホントは501も年内に完成させる予定できたが・・・明日から塗装の続きです。

今年も多くの方々に遊びにいらしていただき、ホントにアリガトウございました!
また、来年も楽しんで工作している様子を垂れ流していきたいと思います。。

それでは、よいお年をお迎えください。。。

by seibu_mania | 2008-12-31 21:59 | 御礼 | Comments(0)
2008年 12月 31日

床下の塗装その2・・・。

今日も朝から大掃除の続き。
しかし、そんな事やっていたら温泉合宿んじ間に合わないので、早起きして掃除前&掃除後に吹きつけを終了させました。
e0073289_2131533.jpg

しかし、AK-3に大量の塗り残しが・・・明日また吹かないと・・。
シートはカツミのロングシートにイリサワのVカラーをプライマー代わりに吹きつけ。
シートの色は茶色にしちゃったけど、ワインだったかなぁ~?

e0073289_2133519.jpg

クモハ2両に乗務員扉脇の手摺をつけましたが・・・
やっぱり塗膜が厚かったのか、入れる時に傷つけてしましましたorz
マスキングがメンドウでも、やっぱりハンダ付けしたほうがいいですね。。

e0073289_2135355.jpg

クモハ奇数車にはシルバーシートマークを貼りつけ。
色々資料を確認したのですが、この当時のシルバーシートは1位側の先頭車の助手席側のみだったんでしょうか・・。
間違えていたらゴメンナサイ。。

by seibu_mania | 2008-12-31 21:37 | 西武501系(大きいほう) | Comments(0)
2008年 12月 30日

自分へのご褒美・・・。

今日は朝から真面目に大掃除。
午前中から草むしり&お風呂掃除&ガラス磨き・・・。
中腰状態が続く作業で疲れた~!
明日も残りの掃除をして、無事に綺麗な我が家で新年を迎えられそうです。。

そんな忙しい日中でしたが、何とか残りの床下機器の塗装は終了しました。
明日で何とか吹きつけ塗装は終了させたいところですが・・。

夕方から秋葉原でお姉さん達&仲間のクロポちゃんと呑み会。
集合時間までちょっと時間があったので、駅前のヨドバシで自分へのご褒美を購入してきました。
e0073289_2327542.jpg

以前から欲しかったレボ。作動音を聞かせていただきましたが、今使用しているベーコンと比べ物にならないくらい静かです。
例えるなら、ベーコンは101の爆音でレボは20000系でしょうか・・・。

ともあれ、これで深夜の塗装にも気兼ねしないですむようになりました。


今日まで頑張って働いてくれたベーコン、欲しい人いますかね???

by seibu_mania | 2008-12-30 23:31 | 今日の買い物 | Comments(12)
2008年 12月 29日

床下の塗装その1・・・。

昨日の行動表・・・。

1000 家を出発
1100 恵比寿到着、国立工場長と合流し、駅そばのモツ焼き屋さんでホッピー&ウーロン杯で乾杯
1200 麻布のU-TRAINSさんへ年末のご挨拶
1500 池袋で池袋車両さんを増結してうな鐵
生中1杯、ウーロン杯3杯
1700 ひとりお先に離脱し、坂戸でバイク仲間と忘年会。数量不明。
2330 ベロベロで帰宅。

明日も忘年会です。。

今日は朝から大掃除!

の、予定でしたが、風も無く、絶好の塗装日和でしたので、床下の塗装をしておりました。
途中、乾燥させている間に年賀状書いたり・・・。

気付いたら夕方だったので、大掃除は明日に持ち越しです。。

e0073289_23261390.jpg

朝から作業しても全部塗り終わりませんでした。。

明日も暇みて塗装したいです・・・。

by seibu_mania | 2008-12-29 23:27 | 西武501系(大きいほう) | Comments(0)
2008年 12月 28日

大きいほうの動力って・・・その3

前回まではギヤボックスのお話でしたが、今回からはモーターのお話。
今現在、完成品の電車の動力で使用されていますモーターはCN16、EN22、LN14(全てCANON製)だと思います。
最近ではCN16は生産中止になってしまったようなので、実際はEN22とLN14のふたつです。
他にも師匠さまは使われておりますアルモーターや、マシマ製のモーターなんかもあるようですが、おいらは使用した事ありませんので省略させていただきます。
e0073289_19152074.jpg

上からLN14、EN22、CN16。単体の画像はありません・・ちと大きさが分かりづらいですね。
同じモーターでも強力型、一般用、高速用と種類があります。
詳しくはこちらに性能諸元がありますが・・おいらにはよく分かりません。
ただ、定格仕様の負荷を見ますと、EN22が一番トルクがあるのが分かります。
LN14が出た後でも完成品で好んでEN22が使用されているのもこの辺りに理由があるのではないかと思います。
それと、聞いた話なので確信は持てませんが、コアレスモーターはDCCとの相性が宜しくないと聞いたことがあります。

性能差はここでは置いておいて、まず重要なのはその大きさ。
LN14やCN16は室内側にそんなに出っ張らないので目立ちませんが、EN22は室内に思いっきり出っ張りますので、室内も作りこみたい方にはちょっと不向きかな~と思います。

エンドウ、カツミやU-TRAINSさんのキットはMPギヤ指定なのでそのまま指定のモーターを使用すればよいのですが、フジモデルやコダマモデルなどのはパワトラ指定のキットはMP化するには床板を加工する必要があります。
加工方法はこちらにありました。
それぞれ専用のモーターホルダーの説明書に床板への穴あけ寸法が書いてありますのでそれを参考に穴あけします。

最近ではフジモデルさんでMP対応床板なども販売されていますので、そちらを使うのも手ですが、使用したいモーター用の床板が無い時は開口する穴の大きさがそれぞれ違いますので結局加工しないといけないんですよね。。

多分続く・・・。

by seibu_mania | 2008-12-28 23:59 | 大きいほう講座・・・。 | Comments(4)
2008年 12月 27日

大きいほうの動力って・・・その2

今回も動力のお話。
前回、大きいほうの動力はMPギヤ&FMギヤのような床下ジョイント伝達方式が主流になりつつあるとお話しました。
次の選択肢はMPギヤかFMギヤのどちらを使用するかですが、それぞれのメリットを纏めておきます。

MPギヤ
*メリット
・WB、輪径の種類が豊富。
・入手し易い(WB27.5㍉と30.0㍉はあまり流通していませんが・・)。

FMギヤ
*メリット
・ギヤ比、WB、輪径の種類豊富。
・ギヤボックスが小型。
・価格が安い(MPギヤと比較して)。

比較しますと、FMギヤの方が優れていると感じますが、西武の電車を作るとなるとちょっと事情が違ってきます。
フクシマさんのFMギヤ、WBと輪径の種類が豊富なのは小型電車用の物が多いです。

西武で使用する台車のWBと輪径は次の通り(プレート車輪)・・
*FS372:輪径10.5㍉、WB27.5㍉
*FS342(DT21):輪径10.5㍉、WB26.0㍉
*FS40:輪径11.5㍉、WB30.0㍉
*TR14(DT10):輪径11.5㍉、WB31.0㍉
*TR22(DT11):輪径11.5㍉、WB31.0㍉

上記サイズの物でFMギヤがラインナップされているのはFS342用の輪径10.5㍉、WB26.0㍉のみ(FS40用も発売されていますが、輪径が10.5㍉、スポークであれば、輪径11.5㍉、WB31.0㍉もありますが・・)。
対してMPギヤは上記サイズの物全て販売されています。
おいらがMPギヤを使用しているのも、この理由があるんです。。

上級者のかたになりますと、工場長のようにFMギヤの車輪をエンドウ製のプレート車輪に打ち変えたりしてFMギヤを使用される方もいらっしゃいますが・・・
おいらにはそんな芸当できませんので素直にMPギヤ使用しております。。

FM-Dも基本的にはFMギヤと同じギヤボックスを使用しておりますので上記理由で使用できなかった訳です。
西武仲間の312様によりますと、フクシマさんで車輪の変更はしていただけるとのお返事をいただいたそうです。
また、先輩のクモハ32000様がFMギヤとパワートラックの車輪は共通の為、パワトラ用の輪径11.5㍉の物がそのまま組み込めるようです。
ギヤボックスをバラサないといけませんが、車輪を打ち抜いて交換するよりは簡単そうです。
次回にでも試してみようと思います。

フクシマさんが輪径11.5㍉のプレートを使用しないのは恐らく、車高の調整が大変になるからではないかと思いますが・・・。

恐らく続く・・・

by seibu_mania | 2008-12-27 23:59 | 大きいほう講座・・・。 | Comments(2)
2008年 12月 26日

インレタ入れとHゴムの色挿し・・・。

今日で弊社も仕事納め。
普通だったら大掃除して早めに帰宅~♪と、いうところですが、今年は何故か終わりまでバタバタしておりました。。
結局自分の机を整理して大掃除は終了。社長が帰っていいよと仰るので1600過ぎに退社。

仲間のぶろぐで近況を確認しますと、みんな新車を導入したり、呑みに行ったり、ラジコン買ったり・・・羨ましいですね~

おいらも帰宅前に買ってきました・・・インレタ2枚(¥1050也)

帰宅後、購入したクモハのインレタ入れて、Hゴムの色挿しをしました。
e0073289_1244237.jpg

今回から○ッキーは止めて水性塗料を使用しました。
マッ○ーだと失敗したらシンナープールへ直行ですが、水性塗料だとはみ出し後すぐに湿らせた綿棒で擦ればリカバリー可能です。
(結構助かりましたよ。。)

明日からお休みですが、年内だけでも後3回忘年会が残っています。。
家の掃除もしないと~
年賀状も書かないと~

工作進むのか???

by seibu_mania | 2008-12-26 23:59 | 西武501系(大きいほう) | Comments(2)
2008年 12月 25日

大きいほうの動力って・・・その1

では、早速第1回目です。
ちなみに不定期連載(呑みに行って工作しなかった日に記事upの予定)ですので、ご了承ください。

まずはこれが無ければ走らない動力のお話。
機関車、蒸気等はとりあえず置いておいて箱物で話を進めます。
(おいら、電車しか組んだこと無いので・・)
大きいほうの動力ですが、大きく分けて2種類に分かれます。

1:床板中央にモーターを配し、ジョイントから台車内のギヤボックスに動力を伝える仕様
  エンドウ製MPギヤ、フクシマ模型製FMギヤなど
2:モーター、ギヤボックス一体の動力ユニットを台車内に配置する仕様
  天賞堂パワートラック、フクシマ模型製FM-Dなど

その他、インサイドギヤなる物もあるのですが、最近ではあまり一般的では無い為、ここでは保留しておきます。
e0073289_015197.jpg

左パワートラック(WB31.0、輪径11.5㍉)右MPギヤ(WB31.0、輪径11.5㍉)
*WB:ホイールベース 台車の車軸間の距離

それぞれの主なメリット
パワートラック
・台車内に動力機構全て入っているので、構造がシンプル。
 MPギヤと比べてモーターなど見えないので床下が実感的。
MPギヤ
エンドウHP参照

普通に考えれば、小さくて構造が簡単なパワートラックがよいと思うのですが、小ささ故にモーターの発熱等の問題があるようです。
MPギヤやFMギヤはホイールベースの自由度や路面への追従性、メンテナンスフフリーなどの点でパワートラックより優れており、最近では主流になりつつあります。
パワートラックの問題点を解決したのがフクシマさんのFM-D。
おいらも501を組む時採用しようと思ったのですが、輪径は10.5㍉しか無く、今回は見送りました。
是非11.5㍉のプレート車輪をラインナップに加えて欲しいところです。

いつか続く・・・

by seibu_mania | 2008-12-25 23:59 | 大きいほう講座・・・。 | Comments(12)
2008年 12月 24日

締切コックのハンダ付けとインレタ作業その1・・・。

今日は帰宅前に秋葉原→原宿と流してお買い物。Hゴムの色挿しに使う塗料やマスキングテープを秋葉で仕入れ、そのまま総武線で代々木→原宿へ。
ウィストの締切コック、池袋の丼門さんには在庫ありませんでしたが、原宿店には在庫がありましたので、久しぶりに覗いてきました。
丼門さんは他店の在庫もお願いすれば取り寄せしていただけるのですが、少しでも早く作業したかったので・・・。

原宿まで行った甲斐もあり、無事に締切コックのハンダ付けも終了しました。
e0073289_2329391.jpg

目立つので是非取り付けたいパーツです。

塗り分け線の塗装のカエリを2000番の耐水ペーパーで仕上げた後、初めての烏口を使用してのHゴムの色挿しに挑戦しました。
まずは潰した前面で練習しますが・・・塗料の流れ出てくる感覚がイマイチ分かりません。
1時間ほど練習後、車体に挑戦しますが・・・あえなく撃沈。
画像撮ろうかとも思ったのですが、ノンビリしていたら水で落ちなくなりますので速攻で水を染み込ませた綿棒で擦り落としました。
もう一度講習受けてこないといけませんね。。

一気にモチも下がったのですが、少しでも作業を進める事にし、インレタ入れを開始。
サハ2両終了しました。
e0073289_23373129.jpg

続いてクモハのインレタ作業も・・と、思ったのですが・・・
発見できずに今日の作業は終了。。

またフクシマさんにインレタ頼まないと・・・。

by seibu_mania | 2008-12-24 23:54 | 西武501系(大きいほう) | Comments(4)
2008年 12月 23日

床下工作その3・・・。

昨日は会社の忘年会で、久しぶりに上野のお姉ちゃんのお店で一杯やってきました。
午前様で帰宅したのは何年ぶりでしょうか。。。

と、いう訳で今日は早起きできず、ノンビリ起床。
起きたら早速工作机に向かい、作業開始です。
まずは床下機器の仮組から行いました。
e0073289_23581941.jpg

結局床下機器は塗装後に接着する事にしました。
取り付け穴は何も考えずにチャンネル中央に穴あけしたのですが、見事に機器が配管に当たってしまいました。。
ちゃんと確認しないといけませんね・・・。
新しく穴を開けなおし、何とか無事に仮組できました。

続いて排障器の取り付け。赤電の独特な形状の排障器、市販化されていませんのでエンドウの80系用の物を使用します。
e0073289_03291.jpg

排障器、フクシマさんから製品化してくれないかなぁ~

日光さんのTR11のブレーキシューですが・・・
e0073289_054225.jpg

このように4種類あり、それぞれ取り付け位置が決まっています。
気付かないでエポキシで接着していくと・・・気付いた時には手遅れなんて事になりますので注意が必要です。
(経験者は語る・・)

先頭車ブレーキコック用の配管も制作。
e0073289_09341.jpg

ウェストの締め切りコック、レバーの位置が2種類あるんですね・・。
¥315で1個しか使えません。。
(しかもひとつどこかへ飛んでいきました・・・)
明日丼門さん行って来ないと。。

これでようやく下回りの工作も終了(締め切りコック除く)。
e0073289_0123818.jpg

週末に塗装できるかなぁ~

by seibu_mania | 2008-12-23 23:59 | 西武501系(大きいほう) | Comments(2)