小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 19日

モハ奇数車の屋根上工作・・・

昨日は仕事中に突然の召集命令。ここんところ家でご飯食べてないなぁ~。

今日はちょっと遅めに起床して午後から工作開始。
モハ奇数車の屋根上工作。まずはパンタ台&パンタ脇ランボードの制作。
e0073289_21522282.jpg

制作法はいつも通りですが、今回から上板はエバーグリーンのt0.5㍉×幅1.5㍉の物を使用する事に。
正確にプラ板を切り出す事が出来ないおいらには助かります。。。
いつもはこのまま屋根上に接着・・・ですが、今回はU-TRAINSさんのエッチング製配管を使用するので、こちらを先に接着しました。
e0073289_21582696.jpg

接着には少量の瞬着を表から流し、完全に乾燥してからペーパーではみ出した接着剤を仕上げていたのですが・・・結構大変です。
そこで、禁断(?)かもしれませんが、0.06㍉のキサゲ刷毛でハンダを除去するように軽~く擦ってみたら・・・綺麗に取れました!
毛先は3㍉程出して本当に軽く擦るだけ。毛先が短かったり、力を入れすぎると傷だらけになりますので注意です。
e0073289_2225570.jpg

しかし、どうも位置がズレテイルようで、パンタからの母線がパンタ台にかかってしまいました。。
とりあえずこのまま進めましょう・・・。
e0073289_2235992.jpg

分散冷房車のモハ奇数車のクーラーは偏心せずに車体中央に接地。しかし、ベンチレータ無いと寂しい感じですね。
2位側の空気作用管、配管の折り曲げ位置を間違えてしまいました・・・。正しくは屋根上で側面側で折れ、妻面に真っ直ぐ下がっていくのが正解です。

今回はパンタ鉤外しの表現は省略する事にしました。
最近思うのですが、Nのキットだとあまり細かくディティールアップするよりも素組でスッキリ仕上げた方が好みかな~と。
上手な人だと手摺の別パーツ化や配管も浮かせて表現してもスッキリ出来るのでしょうが・・
おいらはストレス溜まりそうでダメですね・・・。

前日にリクエストをいただきましたので、改めてクーラーの位置を確認して仮組してみました。
e0073289_2292493.jpg

間違えた位置では申し訳ないので・・・何度も確認しましたが、こんな感じです。

参考になるかしら・・・。

by seibu_mania | 2008-01-19 21:53 | 西武101系分散冷房車 | Comments(2)
Commented by とよぽん at 2008-01-20 09:02 x
キサゲ刷毛、プラでも有効なんですね。
とても参考になります。

Nサイズでの手すりの別体化、僕も否定派ですね。
太さ、浮き具合のオーバーさ加減、エッチング加工時の抉れ、作業中、完成後の扱いによる曲がりetc
いい印象はありません。
Commented by seibu_mania at 2008-01-20 18:02
とよぽんさん、こんばんは。
力入れすぎたら傷だらけになってしまいますので注意ですが・・。
0.06のキサゲ刷毛だと320番くらいのペーパーと同じかな・・。
まあ、うちのが大分毛先が丸くなっているのもありますが・・。

とよぽんさんの作例拝見させていただくと、手摺の別パーツ化なんてしなくても素晴らしい作品が完成するんだと実感できますね!


<< 忘れ物・・・      ケガキ&穴あけ作業・・・ >>