小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 23日

日光チャレンジロード2019 第弐戦…。

梅雨入り最中でしたが、何とか天気は保ちそうな日光チャレンジロード第弐戦です。

e0073289_08380250.jpeg

土曜日の退勤後にブルジョワハイウェイを制限速度-@でかっ飛ばし、2330過ぎに日光サーキットに到着。
早く到着しないと宴会が終宴してしまうので本番以上に頑張りました(笑)




翌朝…

結局宴は丑三つ刻まで続き、苦手なウォッカベースの缶チューハイを壱リットルほど消費した事もあって二日酔いです…汗

受付、車検も無事に済ませ、予定ではフロントフォークのセッティングを変更しようと意気込んでおりましたが、二日酔いの為にキャンセルしました…(汗)

練習走行ではいつもどおりに吹け具合を確認、四月より気温も高くて湿度も高い影響か若干濃いめの印象。
まあ、無理していない状態でベストのコンマ8落ちとバイクの調子は悪く無いし人の調子は最悪なのでこのままでいく事にします。

予選は頑張って数年ぶりに47.7の自己ベストに0.1秒までせまります!
もう少し詰められそうだったので頑張りましたが、最終立ち上がったところでいきなり吹けなくなり、惰性でラインを通過…

クールラップでは普通に吹け、何だ??とテントに戻る途中で遂にストールして再始動できず汗

ガスは落ちているし前回あったクランクの焼きつきも無さそうなので電気かとプラグと火花を確認したらちょっと飛びが弱い感じ。。
こりゃあ今日は終了だなあと諦めようとしたら総長がアクセルチョイチョイ弄って何故か復活(謎)

決勝前に大腿骨骨折から無事に退院されたszkさんから「また止まらないと良いね〜」
なんて話ししていたら、まさかのグリッド上で再始動できず(滝汗)

皆様にご迷惑かけてはいけないと諦めかけたらアルプスさんから

「押しがけしましょう!」

とアドバイスを頂き、ドゥーハン氏に押して頂いたらアッサリと始動(謎)

皆さんからかなり遅れて一周し、ピットスタートだと思い込んでピットレーン最前列に並んだら

「グリッドに並んで良いのに〜」

と、たのっちさん汗

まあ、走れるなら最後尾からでも良いやとそのままスタート。
とりあえず自分との闘いでベスト更新を目指して走りましたが47秒代にも入らずにチェッカーを受けました。。

順位は総合9位/19台、クラス4位/11台でした。。

で、無事に完走してテントに戻る途中で再びストールし、その後再び始動する事無く今に至ります涙

とりあえず原因は電気っぽいのでその辺りをトラブルシュートしてみますが、今年はCBXはもう出番が無い予定なので来年になるかもしれないっすね。。


by seibu_mania | 2019-06-23 23:59 | CBX125F(JC11) | Comments(0)


<< 六月のひと月ひと山 高水三山...      ゲストを招いて常悦定例会…。 >>