小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 27日

終わりが見えてきた…。

暇な時間を作ってはチマチマと作業しておりました。
その時々の作業の進歩は僅かではありますが、積み重ねればこうしてぶろぐにうpできるくらい進みます。

尊敬する泥酔モデラーの酒j兄貴の名言「一日五分でも作業すれば完成に近づく」の言葉の重さを実感できますねぇ〜

Hゴムやら細かい色刺しをし、インレタ貼り。
前回同様、メタルインレタの車番は一文字ずつ拾い出して水溶き木工用ボンドで接着していきますが

e0073289_17444180.jpeg

車体正面の作業の時は不要になった車両セットのウレタンで車体を保持しております。
KATO、トミー製は適度な弾力があり好都合ですが、マイクロ製は硬すぎで不向きです。




インレタ貼り後、半艶クリヤーでトップコート。
乾燥後に屋根の塗装に備えてマスキングしますが、ココでひと手間…

e0073289_17511262.jpeg

インレタ部分に直接マスキングテープが触れない様に細切れにした紙で養生しておくとマスキングテープの粘着に負けて剥がれる事も無くて安心です。

車体マスキング後、フラットベースを足したグレーFS372?を吹き付けて乾燥後に屋根上機器を色刺しして漸く塗装作業が終わりました。。

e0073289_17551547.jpeg

残るは細かいパーツとガラスの取り付けですが、嵌め込みしなくて済むと思うだけで気が楽です♪

主役の終わりが見えて参りましたので、カテゴリーのタイトルにある仲間たちの事をそろそろ考察しないといけません。

e0073289_17581563.jpeg

一応主役の時代設定が1995年頃なのですが、丁度この頃にトムとホキは新塗色に移行しつ時期なんですよねぇ…
秘蔵のインレタもあるし、新塗色で制作する予定でしたが、今後もし赤い電機がやってくる事になったら合わせられないし…(悩)


by seibu_mania | 2019-02-27 23:59 | E31と仲間たち(大きいほう) | Comments(0)


<< 2019年 走り始め…。      再訪 福生市 麺屋 頑徹さん…。 >>