小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 15日

残念なラーメン達…。

毎月新規開拓をしていると新しい味を発見して感動できる喜びがありますが、中にはちょっと残念なラーメン達に出会う事もあります(涙)

あんまり公にするのは気が引けましたが、忘れっぽい自分の備忘録として記しておく事にします。。

因みに、一般的な道の駅やサービスエリアの軽食コーナーのラーメンは除きます。




一軒目は超極太麺がウリなラーメン屋さん。

茹で時間は15分ほどかかり、待ち時間が長いほど美味しさへのハードルはグングン高くなります(涎)

e0073289_10320263.jpeg

ひと啜りしてみると…

茹で時間が15分でも短いのか、麺がアルデンテを通り越して粉っぽいです(汗)
つけダレもラーメンの返しを単純に濃くしただけで塩っぱい。。
ラーメンがメインのお店で提供される典型的な味ですね…。

二軒目は超有名店の支店。

こちらも極太麺がウリなのですが、発注してから3分ほどで着丼した時点で不安がよぎります(汗)

e0073289_10405916.jpeg

早速ひと口ひと啜り…

ううう、つけダレが緩いです(涙)
麺自体は美味しいと思いますが、〆が甘く、太麺特有のモッチリ感が損なわれております。。

食べ進めて気づいたのはつけダレのぬるさと舌に残るザラつき感。
食べ終えてわかったのはつけダレの器の底に残った大量の魚粉。。

有名店だけに期待していたのですが、ガッカリです(涙)
遅く本店では麺から察するにちゃんとしたクォリティーのモノを提供されているのでしょうが、作り手がいい加減だと全て台無しになっちゃう典型的な例でしょう。。
このままだと本店の名誉を傷つけてしまわないかと不安になります。

三軒目は上記二軒とはちょっと意味合いが異なりますが…

以前から気になっていたラーメンの暖簾と提灯。
お店の前を通過する度に曇りガラスの中は沢山のお客様がいらっしゃり、さぞかし美味しいラーメンなのだろうと期待が高まります♪

漸く待望の訪問となり、入店してみると…

メニューの大半は充実したお酒と肴のラインナップ…
どうやらラーメン屋さんというよりは居酒屋さんがほんぎのようです(汗)

e0073289_10521179.jpeg

とはいえ、ラーメンの暖簾と提灯を掲げているくらいですから、ちゃんとしたラーメンを提供されております。

早速ひと口ひと啜り…

スープはちゃんと炊いておられる様で、スッキリとした味わいがあり、なかなかの美味しさ。
叉焼もしっかりと味が染み込み、ホロホロと崩れる柔らかさで美味い!

ただ、圧倒的に麺が残念過ぎです(涙)
遅くスーパーで売っている麺だと思いますが、コストがかかって単価を上げてでも製麺屋さんのラーメンに合う麺にしたら美味しい一杯になると思います。。

まあ、ラーメンを提供するお客様の対象が呑んだ後の〆の一杯的を求める方々だとすれば闇雲に単価を上げるワケにはいかないのかもしれませんが。。

今回の三軒のお店はあくまでもおいらの好みによるモノですので、お店の味を批判しているワケではない事を付け加えておきます。。


by seibu_mania | 2019-02-15 23:59 | ラーメン | Comments(0)


<< 新規開拓 所沢編 自家製手も...      悪あがき…。 >>