小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 11日

2013.8.10~16東北ツーリングその2・・・。

むか~し昔・・

あるところに先祖代々受け継がれたその土地独特の食べ方をするお蕎麦屋さんがありました。。

と、いうワケで2日目です。

前夜は疲労とお酌のおかげで早めに就寝できたおかげでスッキリとしたお目覚め。

この日のメインイヴェントは東北某県のにあるお蕎麦屋さん。
何でも、この土地独特の食し方があるようで、以前から三度の飯よりお蕎麦好きなおいらは訪問の機会を伺っておりましたが、よくやくその夢が叶う事に。

嗚呼、神様、有難うございます~

折角ですので、奥様ご両親もご一緒にお連れして未開の味を堪能しに出かけます。

R13を淡々と北上。
途中東根あたりで県道へと入りますが、この県道がナカナカの快走路。
なんてったって車が5分に1台くらいしかすれ違いません(笑)

辺りの緑に癒されながらもガンガン後ろから煽られ(汗)、ヒイヒイ泣きながら涙も枯れそうな頃に目的のお店に到着しました。。

e0073289_8405622.jpg


山形県次年子地区にある七兵衛蕎麦さん。
古くから残る古民家を改築されたと思われる母屋には古き良き日本の伝統と栄光が(略)

ナビタイム先生に所要時間をお伺いしたところ、約90分程との事で早めに出発しましたが、それよりも30分以上早着してしまい、どんだけおいらが煽られたのかが容易に想像できます(汗)




1時間ほど森の木陰で森林浴しているとようやくお店も開店。
残念ながら一番乗りとはいきませんできたが、無事に席にありつくことができました。

e0073289_842518.jpg


オーダーはありません。メニューがひとつしかありませんので(笑)
着席するとおばちゃんが先出しを持ってきてくれます。
この日は木耳の醤油漬け?にワラビにキュウリのお漬物。
薄味で酒・・じゃなくて冷水によく合います。

先出しを突きながら、これと麦酒か日本酒があれば最高なのに・・などと、叶わぬ夢を見ながら待つ事暫し・・・


キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!

e0073289_8423545.jpg


七兵衛そばさん名物盛りそば@1050の降臨です。
七兵衛そばさんの特徴は何と言ってもそばつゆ。
なんとかえしを大根のおろし汁で割るのです。

どんな味なのか・・

早速ひと口ひと啜り・・・



・・・


・・・


・・・



( ゚Д゚)ウマー( ゚Д゚)ウマー( ゚Д゚)ウマー
いやいや、ホントに美味しいですねぇ~

大根おろし汁で割ったかえしは鰹本来の香りが強く、恐らくそのままではちょっとシツコイかなと思われますが、大根の辛味が上手くマッチして丁度よい塩梅に。
手打ちのお蕎麦も香りが強く、個性的なそばつゆに一歩もヒケをとりません。

え、これだけの量で1050円??と、思ったあなた!
実は七兵衛そばさんはお蕎麦食べ放題なのです♪

これだけ美味しいお蕎麦が食べ放題だなんて・・

こんな車が殆ど通らないような山中でも行列ができるワケがやっと理解できました。

都合3杯半ほど食し、もう1杯はイケるかなとも思いましたが、ソコソコで止めておくのが大人(四十胃)ってモンですね。。

久しぶりに美味しいお蕎麦に出会う事ができました。

ご馳走様でした~

腹八分目なお腹を抱え、次の目的地へ・・

ココでご両親とはお別れし、何でも南京な滝があるとの事で快走路を再び走り出します。

e0073289_844894.jpg


今回のツーリングの裏テーマは風車だそうですが、まあ、恐らく偶然見かけただけでしょう(笑)

道中通行止め区間など華麗に回避しながら、ようやくたどり着いたのは山形県民の癒しスポット、玉簾の滝。

e0073289_8443049.jpg


おお、これは見事な滝ですね。
しかし、あの南京玉簾とはどこらへんが・・・(謎)

マイナスイオンも存分に補給できたところで今夜のお泊りスポットへ。

今宵のキャンプ場は山形と秋田の県境にある仁賀保高原キャンプ場。

e0073289_8445857.jpg


この日の肴は日本海近郊で上がった魚介類を中心に。
天然ブリのお刺身に鯛のアラ煮、山形県産ポークの葱塩焼豚に宮城県産の牡蠣フライと東北の旨味を満喫しました。
秋田の地酒もパックのお酒とは思えない程の美味しさでしたが、前日の疲れを引きづり、気が付けば寝落ちしておりました。。

続く

by seibu_mania | 2013-08-11 23:59 | バイク | Comments(0)


<< 2013.8.10~16東北ツ...      2013.8.10~16東北ツ... >>