小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

もうすぐ生地完成~♪

昨日は帰宅時間が遅くなってしまい、工作出来ませんでした。
最近サボり気味ですね・・・。
しかし、明日から12月。すでに週末は多数の忘年会予定が組まれています。
新年会に間に合うように、頑張らねば・・・。

今日は先日ハンダ付けした妻面の立て樋付近をキサゲ刷毛で綺麗に磨いておきました。
e0073289_22494262.jpg

大きい方はトニカクキサゲ刷毛でシコシコする頻度が高いのですが、気がつくと直ぐに
刷毛先が丸まって切れ味が悪くなってしまいます。
しか~し、こんな時は先日購入した卓上グラインダーでギュイ~ンと刷毛先を削れば
新品時の切れ味が蘇ります。半田鰻の小手先の整形にも使えるので便利です。
そんなに高い物では無いので、金属キットをやられる方は持っていた方が良いかと思います。

大体サハの工作は終わりが見えてきたので、仮組みしてみました。
e0073289_22563832.jpg

後は室内灯用基盤をネジ止めするステーと側面のドア知らせ灯をハンダ付けすれば
サハの工作は終了なのですが、問題は後者。
旧型車独特の楕円型の標識灯なんてパーツ出ていませんかね~。

by seibu_mania | 2006-11-30 23:00 | 西武351系(大きいほう) | Comments(0)
2006年 11月 28日

サハ1311の立て樋ハンダ付け・・・

久しぶりに工作再開!見事に車体が酸化していました・・・。
まず、妻面裾部分に帯板をハンダ付けして立て樋の台座を表現。
e0073289_2362895.jpg

2.0mm幅にしましたが・・・ちょっとオーバーだったかも・・・。
しかし、おいらの腕ではこれ以上小さい物はハンダ付け不可能です。

その後、0.6mmの真鍮線を立て樋としてハンダ付け。
e0073289_2383127.jpg

ちょっと細いかもしれませんが・・・まあ、いいでしょう。
実車の妻面の雨樋は立て樋を囲うようになっているのですが、このキットは真っ平ら。
立て樋位置はどうするか悩みましたが、雨樋に重なるようにハンダ付けしておきました。

キサゲ掛けを始めたら嫁から帰るコールが来たので今日の作業はここまでで終了。
暫く嫁は残業なので、おいらが晩飯当番です・・・。

by seibu_mania | 2006-11-28 23:13 | 西武351系(大きいほう) | Comments(6)
2006年 11月 27日

最近工作していませんが・・・。

土曜日に研修から帰宅し、日曜日は秋葉のイベントへ参上。
今日は早く帰ってサハを仕上げようと思っていたのですが・・・。
お昼休みに仲間と話していたら、イベントにあったホビーモデルさんの101系に物欲が沸いてきたらしく、
売っていたU-TRAINSさんに在庫確認したら、売れ残っていたようなので、
仕事が終わってから道案内役でお供して来ました。
キットの内容を見せて頂きましたが、床板の梁まで表現してあり、結構造り応えのあるキットのようです。
GM板キット制作した事のある方なら抵抗無く大きい方に挑めるキットかと思います。
お買い物後、折角だからと軽~く一杯やって帰る予定でしたが・・・
熱くなってしまい、二人で¥8000近く呑んでしまいました・・・。

明日は早く帰って工作します・・・。

by seibu_mania | 2006-11-27 23:59 | 酒・・・ | Comments(4)
2006年 11月 25日

帰って来ました・・・。

無事に社員研修(?)から帰宅しました。
取り合えず疲れました・・・。
ゴルフも疲れましたが(殆ど山登り)一番キツカッタのは帰りの首都高3号の大渋滞。
あれは何とかならないものでしょうか・・・。
湾岸線が東名まで繋がってくれれば、大分楽かと思いますがね~。
さいたま県人のおいら的には早く圏央道が東名まで繋がって欲しいです・・・。

by seibu_mania | 2006-11-25 23:59 | 愚痴・・・ | Comments(4)
2006年 11月 23日

朝からキサゲ掛け・・・

今日は勤労感謝の日で仕事はお休みですが・・・。
毎年、この時期弊社では社員研修が行われます。
まあ、研修と言ってもすることはゴルフと麻雀ですが・・・。

出かける前に妻面の立て樋をハンダ付けしようと思いましたが、
結構余分なハンダが残っていたので急遽中止。
朝からキサゲ掛けしていました。。。
見栄えは前回とあまり変わらないので画像は省略します。

土曜日夜には帰ってくる予定です。デハ、行って来ます。。

by seibu_mania | 2006-11-23 09:41 | 西武351系(大きいほう) | Comments(2)
2006年 11月 21日

ウィンドシルのハンダ付け(完)

昨日からウィンドシルのハンダ付け作業をしていた訳ですが、
先程キサゲ掛けまで終了しました。
e0073289_2240546.jpg

雨樋、ウィンドシル、ヘッダーと平行線が3本も有るのでちょっとでも歪むとカッコ悪いので注意が必要でした。
なんて、偉そうに言っても結構歪みが出てしまい、2箇所程貼りなおしてあります。
最初は歪みは無視しようかと思っていたのですが・・・。
悩んでいるおいらを見て嫁が「後悔したくなかったらやり直せば?」
と、有り難いお言葉を頂、貼りなおす気になりました。
やっぱり後々後悔したくないですよね・・・。

by seibu_mania | 2006-11-21 22:45 | 西武351系(大きいほう) | Comments(2)
2006年 11月 20日

ウィンドシルのハンダ付け。。。

昨日は家の仕事が忙しく、夜も実家へ帰っていて全く工作出来ませんでした。。。

今日はあまり時間が有りませんでしたが、少しだけ工作しました。
キット付属の帯板を指定の長さにカットして窓下にハンダ付け・・・。

作業は終わったのですが、キサゲ掛け途中で時間切れ。
キサゲ途中なので画像は無しです。。。

今週は週末に会社の社員研修がお泊りであるので、あまり工作出来そうにありません・・・。

by seibu_mania | 2006-11-20 22:34 | 西武351系(大きいほう) | Comments(2)
2006年 11月 18日

サハの雨樋、ウィンドヘッダーのハンダ付け

午後からサハの雨樋etcのハンダ付けを開始しました。
ハンダ付け前に考えたのですが、雨樋はウィンドヘッダーをガイドにハンダ付けすれば
罫書け線を引かなくて良さそうです。
ウィンドヘッダーは窓穴をガイドにすれば罫書き線を引かなくて良さそうです。

色々考えてまずは妻面の雨樋&幌枠からハンダ付けしました。
e0073289_20335988.jpg

先にヘッダーをハンダ付けしてしまうと幌枠がハンダ付けし辛いかと思いまして・・・。
その後、ウィンドヘッダーのハンダ付け。
e0073289_20364916.jpg

ドア間の長さが足りず、切り継ぎしながら何とか終了。
その後、ウィンドヘッダーをガイドにしながら雨樋をハンダ付け。
e0073289_20394277.jpg

簡単にハンダ付け出来ました。ガイドがあると楽ですね~。
e0073289_20413712.jpg

気にしていた雨樋とウィンドヘッダーの平行も問題無いようです。

サハは後ウィンドシルと妻面の立て樋をハンダ付けすれば生地完成ですが・・・
明日から暫く忙しいので工作時間はあまり取れそうにありません・・・トホホ。

by seibu_mania | 2006-11-18 20:22 | 西武351系(大きいほう) | Comments(1)
2006年 11月 18日

立て樋のハンダ付け(ハンダメッキ編)

今朝、MYブログをチェックしていましたらlm562様から雨樋のハンダ付け技法のコメントを頂いておりました。
早速、lm562様のハンダメッキ法を試してみる事に。。。
e0073289_13101521.jpg

実車の写真を見ると立て樋は雨樋より太めなので1.0mm幅の洋白線を使用する事に。
適当にエッジング鋏でカットしてからフラックスを塗布し、ハンダメッキ。
e0073289_131308.jpg

位置決めに注意しながら洋白線の上からハンダ鰻を当ててメッキしたハンダを
溶かしながら付けていきました。
確かにハンダのはみ出す量は少なくて良い感じです。
ただ、(おいらの腕のせいですが・・・)あまり強く押さえ過ぎると他のハンダ付け箇所が
崩壊しました・・・。手早くやらんといけませんね~。

崩壊箇所も何とか修正し、キサゲ掛けて午前中の作業は終了~。
e0073289_1320314.jpg

これで基本的な部分のハンダ付けは終了しましたので、クレンザー&サンポールで
ピカピカに洗浄しておきました。

lm562様、コメント有難うございましたm(_ _)m

午後からサハの作業します。。。

by seibu_mania | 2006-11-18 13:23 | 西武351系(大きいほう) | Comments(0)
2006年 11月 17日

雨樋3分ハンダ付け~♪

相変わらず嫁の調子は芳しくなく、今日もおいらが食事当番でした。
帰宅途中に病院へ行った来て処方箋を頂いてきたようなので、少しずつ良くなるでしょう・・。

昨日の投稿後、弊倶楽部の副会長殿から雨樋ハンダ付けの技法についてコメントを
頂きましたので、もう少し詳しくご説明したいと思います。

(1)位置を罫書きます。
e0073289_22393179.jpg

先の尖った罫書きペンで軽~く罫書きます。
(2)洋白帯板の仮止め。
e0073289_22412198.jpg

罫書き線に合わせて位置がズレないように気遣いながら数箇所ハンダで仮止め。
本当はステンレスのスケール等をガイドにしながら仮止めすれば歪み無く仮止め出来ます。
おいらは靴摺りが邪魔で本体に密着出来なかったので罫書き線に合わせて指で押さえながら
ハンダ付けしました。
スケールをガイドにする方法はフクシマ模型さんのHPの351系の制作記に説明されています。
(3)雨樋の本付け
e0073289_22505329.jpg

仮止めして雨樋の歪みや位置のズレが無ければ洋白線全体にハンダを流します。
おいらは仮止め時のハンダの量がいつも多めになってしまうので、フラックスだけ塗布し、
仮止め箇所の山盛りハンダを伸ばしてハンダを流していきました。
(4)キサゲ掛け
全体にハンダを流し、再度歪みや位置のズレが無い事を確認し、OKだったらキサゲ掛けて
仕上げます。出来上がった物はこちら。
e0073289_22524519.jpg

これは昨日作業したクモハですが・・・。

単純に雨樋のハンダ付けだけなら片側3分くらいで出来ると思います。
ただ、キサゲ掛けはおいらは1両1時間以上掛かります。
ハンダの量の調整がナカナカ難しいです。。。

by seibu_mania | 2006-11-17 23:02 | 西武351系(大きいほう) | Comments(2)