2007年 05月 27日

講習会に行ってきました。

今日は鉄道模型専門U-TRAINSさんでハンダ付け講習会が開催されましたのでお邪魔してきました。
素材は何を持っていこうか悩んだんですが、生地完成間近の2000Nを持って行っても仕方ないし、
新しく始めるのも・・・と、いう事で16番ブラス初挑戦のお仲間二人のサポートとして工具や
線材なと持参して黒子役に。本心は「人のフリ見て我がフリ直せ」です。

大きいの初挑戦のあやにゃみさんの箱組までの様子です。
これから大きいほう始めよう!と、いう人に参考になれば・・・一応ヘタレな解説付き。
間違い等ありましたらツッコミ宜しくお願いします。
e0073289_832394.jpg

まず、プレスで抜いた車体は裏側にバリが出ていますので400番程度のサンドペーパーで
磨いておきます。側面も大体内側で曲がっていますので手で外側で曲げて床板と直角になるように
しておきます。
e0073289_832498.jpg

バリ取りが終わったら客ドアを仮止めして位置等ヅラ等無かったら全体にハンダを流します。
最初はハンダの流れる感覚を覚えるのが難しいですね~。
e0073289_8325958.jpg

無事に客ドアが付いたら妻板のハンダ付け。妻板を上回りに嵌め込み、ベークライト棒で
左右をしっかり押さえて裾2点で仮止め。ズラ等無ければ表から数箇所に分けてハンダを流します。
e0073289_833871.jpg

初めてのハンダ付けでこんなに綺麗に出来てます。やっぱりプロの方に教えて貰いながらだと
上手に出来ますね~。
e0073289_833176.jpg

最後にカツミのアングル治具を使用してアングル付け。
おいらは今でも苦手ですが、エコーモデルさんのL字鰻先を使用しれば簡単に出来ます。
(と、いうか出来てました・・・。)
真ん中から一方方向に車体とアングルの隙間にハンダを流していく感覚です。
う~ん参考になりました。。。

ここまでで初挑戦で4時間くらい。は、早いです・・・。

この後、お店の人たちと鉄模談義で盛り上がり・・・参考になるお話、有難う御座いました。

U-TRAINSさんでは定期的に工作講習会を開催されているようです。
興味のある方は参加されてみては如何でしょうか?
今おいらの制作している2000Nも予算拾萬円で五ヶ月目。結構楽しめますよ~。

by seibu_mania | 2007-05-27 23:59 | オフ会 | Comments(6)
Commented by gamera63 at 2007-05-28 23:00
こういうのは 為になりますよね。 田舎では、なかなかこういうチャンスがありません。
Commented by あやにゃみ at 2007-05-29 00:30 x
やってる当事者は、こうは書いていられないので、おさらいになります。
なにせ、作るのでていっぱいだしね~(笑
感謝!感謝!!
Commented by 吉田河馬歯 at 2007-05-29 08:16 x
こんにちは
仲間内で工作を一緒に楽しめるってのはうらやましいです

余談ながら、サンドペーパーをかけた後、ドア、窓の大きさ、位置をノギスで計測して、実車スケールに合っているか確認すると、もっといいと思います。廉価なキットの場合、プレス型の共用でドア、窓サイズが若干異なることが多いです。小さい分にはいいんですが、大きくあけられていると、埋めてからあけ直しなんてことになりますが...まあ、最初のうちは素組みでいいと思いますが、慣れて来たらぜひ計測をしてみてください。
Commented by seibu_mania at 2007-05-29 22:16
gamera63さん、こんばんは。
おいらもこういう講習会に参加したのは初めてでしたが、凄く参考になりました。
確かにこういう機会には恵まれていますよね。
その雰囲気が少しでも伝わればよいのですが・・・如何でしょうか?
Commented by seibu_mania at 2007-05-29 22:17
あやにゃみさん、こんばんは。
しかし、文章で伝えるのは難しいですね。
文才が無いので苦労します。
Commented by seibu_mania at 2007-05-29 22:20
師匠さま、こんばんは。
フォローありがとうございます。
確かにキットを信じ過ぎるのもよくないですね。
今組んでるキットも穴あけ位置は殆ど間違えているし・・・。
キット組む前に全体を測定した方が後々楽かもしれませんね。


<< 塗装前の仕上げ作業その1      床下機器の工作その4 >>