2017年 02月 16日

間違い探し…。

側面を筆塗りした車輪を台車に組付ます。

エンドウのボルスタが必要数量入手できず、代用で購入したスパイクさんのボルスタには集電ブラシが付属しておりました。

e0073289_15014861.jpg

オマケが付いてエンドウと同価格というバーゲンプライス!
今後、ボルスタを購入する時はどちらを選択するのかは言うまでもありません。




西武の電車に多く使われているFS372ですが、JM(13ミリ)化するにはWB27.5のギヤが発売されておりませんのでWBを調整しなければなりません。

e0073289_15073642.jpg

調整といってもモーター側になるウォームギアの位置をずらすだけですが…
今回は大量に余っている16.5ミリ/WB27.5のMPギヤからシャフトを移植しましたが、ふたつのギヤをバラさないといけないのでウォームギアをずらした方が楽です(汗)

んで、スパイクさんのボルスタを使って仮組してみますが…

e0073289_15134680.jpg

集電ブラシの組付はコレであっているかと(折り曲げはまだ)思います…が、ちょっと大きいほうの集電方法を理解している方ならコレはNGだというコトが分かりますよね(汗)
しかしコレ以外に組付る方法が思いつきません(涙)

とりあえず集電ブラシは保留にして先に進みます。。

少しでも集電効率を上げる為に軸受けには毎回コレを塗布しております。

e0073289_15200035.jpg

今でも販売しているかは分かりませんが、タミヤの接点グリスです。
元々はラジコンのスピコンの接点に塗布するグリスなんですが、滑りを良くすると共に通電効率もうpするという魔法のグリス!…

なのですが、今時はスピコンなんか使わず、殆どアンプかと思いますのでもしかしたら絶版かもしれません。。

しかし購入して10年近く、製作した模型(N、大きいほう問わず)全てで使用しておりますが、一向に無くなる気配がありません(笑)


by seibu_mania | 2017-02-16 23:59 | 大きいほう講座・・・。 | Comments(0)


<< 都内で新年会…。      スィートバレンタイン♪…。 >>