小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 31日

タンクレストアの続き…。

先日のお話し。
1カ月ほど毎日タンクキャップを開錠しようと捻り続けたマスターキーでしたが、破断しかけていたので発注しようと小手指駅から程近い大手バイク販売店HTYに初訪問しました。
今までお世話になっていたバイク屋さんが廃業してしまいましたので愛車の車検やこれから色々お世話になるかも…との目論見もありましたが…

挨拶してマスターキーの複製をお願いしたところ、一言…

「うちではできません」

え?

バイク屋さんなのにバイクの鍵作れないんですか?
と、再度確認しても…

「はい、できません」(キッパリ)

へぇ〜そうですか、看板にカスタム、修理賜りますってあげてるのに不思議ですね(謎)

じゃあこのお店のお客様が鍵紛失して困っていても

「できません」

って断るんでしょうね〜

ラーメン屋さんがラーメン作れないのとおんなじだわ(笑)

車検出す前に訪問してよかったです。。

ってコトでタンクの錆取りです。

e0073289_18170269.jpg

花咲Gなんて高級品は勿論購入できませんので、サンポールに似たダイソーで販売しているネオナイス!を3本程投入して3時間程熟成させます。








んで、3時間経過後の画像がこちら!(3分クッキング風)

e0073289_23025507.jpg

前回のYSR同様、1.5リットル程のネオナイス!を投入しましたが、容量の割に少なかったのか、落ちがイマイチです(汗)

仕方ないので、ネオナイス!を増量してもう一度サビ取りしてみます。。

タンクキャップのキーシリンダーもアルミの蓋部分が固着しておりましたので、サンダーでぶった切って摘出…

e0073289_23101778.jpg

某オクで400円で購入したZZRのタンクキャップに移植しました。

e0073289_23104312.jpg

これでタンクキャップだけ別鍵という難を逃れるコトに成功しました!

何とかタンクの整備も目処がつきましたので今週末にガレージに持ち込んでキャブOHして始動!


と、夢みていたのですが、コックが全く回りません(涙)

つづく


by seibu_mania | 2017-01-31 23:59 | KLE250アネーロ | Comments(0)


<< 麺湯盛山の製作 其の壱…。      2017年のビックプロジェクト... >>