小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 04日

秩父で観光客ごっこ・・・。

残念ながらお天気に恵まれない週末となってしまいましたが・・・。

そんな時でも我が家の心の故郷、秩父ではお天気に関係なく訪れるお客様が笑顔になれるスポットがイッパイ!

って、事で、たまには観光客のお客様の視線で秩父を楽しんでみようかとお出かけです。

e0073289_13314917.jpg


旅の始まりは飯能駅から・・
ブルジョワな方々はレッドアローで池袋から秩父まで一直線でも構いませんが、ここはあえてボックスシートの白い電車に乗車するコトで地元民の方々との僅かながらのコミュニケーションを満喫する事で旅情が更にうpします。





e0073289_13322674.jpg


進行方向右側の席に着席すれば眼下には併走する国道299号も拝めますが、あえて左側をセレクトするコトで武蔵横手駅では西武鉄道のマスコット、そらとみどりの山羊一家の愛くるしい姿を愛でるコトができ、オススメです♪

ほろ酔い気分で西武秩父駅に到着したならば、まずは仲見世通りでお土産モノを眺めて冷やかしながら御花畑駅へ向かいましょう。

e0073289_1332524.jpg


徒歩5分も歩けば車内でのおつまみも十分消化され、小腹も空く頃合いかと思います。
丁度駅前には秩父の地粉を使用したせきたのそば粉を使用した立ち食いお蕎麦屋さんがありますので、ここで小休止しましょう。
オススメは香ばしいサクラエビがふんだんに使用された天麩羅蕎麦。
ひと口目はサックリと、ふた口目以降はかき揚げを出汁に浸してサクラエビの旨味が存分に溶け出すまで暫し我慢するとそれ以降のお出汁はとてもとても立ち食い蕎麦とは思えない芳醇な旨味が・・・嗚呼(涎)

小腹を満たしたら食後の運動がてら秩父駅まで番場通りを抜けて散策しましょう。
界隈にはお肉やさんの安田屋、ベーグルパンで人気なお店等目移りしちゃいますねぇ~

秩父駅の地場産センターでお土産を物色したらここで秩父鉄道フリー切符を購入しましょう。
1日1440円で秩父鉄道線内乗り降り自由なお得感イッパイなきっぷです。
秩父駅からは普通電車に乗って下り終着駅の三峰駅まで移動します。
道中の駅ではまだまだ桜が満開で色とりどりな春のお花がお客様の眼を楽しませてくれます。

三峰口からは本日のメインイヴェントであるSL,パレオエクスプレスに乗車します。

e0073289_13331420.jpg


乗車にはSL整理券が必要ですが、ウェブで申し込む事により、一部マニアで人気の桜沢みなのちゃんのカンカンバッチがプレゼント!
ここは是非ウェブで整理券を申し込みましょう。

e0073289_13333740.jpg


e0073289_1333511.jpg


昨今の電車ではナカナカ味わえない力強い鼓動を感じつつ列車は走り続けます。
漆黒のボディは機能美に溢れ、見るものの心を奪いますねぇ~

1時間ほどの小旅行を楽しんだら皆野駅で下車しましょう。

e0073289_13341533.jpg


秩父鉄道開業当初から現存すると思われる木造駅舎は何とも言えない、懐かしい幼少時代へのタイムスリップへと誘ってくれる事でしょう。。

皆野駅から国号140号沿いへと向かえば、一部のバイクマニアな人には有名なカフェ、ロマンがあります。
店長懇親のドリップ珈琲を頂きながら80年代のバイク話に花を咲かせれば、時間の過ぎるのが早い事。
戻りの列車に間に合う様に注意しましょう。

皆野駅から再び秩父鉄道に乗車し、三度御花畑駅へ。

今夜の晩餐も折角なので秩父の名物を頂きましょう。

e0073289_133437100.jpg


秩父ホルモン焼きといえば真っ先に思い浮かぶお店、高砂さん。
週末の予約は必至なので、遅くとも1週間前には電話で残席の確認するコトをオススメします。

ばば~ん

e0073289_13345922.jpg


カシラにネックにタン&レバーを各2人前。
これだけ発注してもお値段はとてもリーズナブル♪
お肉の鮮度はレバーの角を見れば自ずと理解できる事でしょう。

e0073289_13352378.jpg


都合数回のお代わりを繰り返し、最後はどんぶり飯でOTRすれば抜群の炊き加減で盛られたミルキークゥイーンの仄かな甘味と辛めのタレとの相性が抜群で・・・嗚呼(涎)

お腹もイッパイで心も胃袋も大満足!

「よく食べましたねぇ~」

と、店長のシゲさんに言われちゃいましたが(笑)
これだけ食しても料金は福沢さんおひとりでオツリが来ちゃいます♪

御馳走様でした!

満腹のお腹を抱え、帰路へ・・・
程よい空調の暖かみとリズミカルな電車の揺れに体を預け、秩父での楽しかった出来事を思い浮かべてうたた寝する事により、この日の思い出が心の壱頁へと刻み込まれる事でしょう。

e0073289_13355023.jpg


この日のお土産は昨今の洋酒ブームに乗っかって秩父蒸留所のイチローズモルトとそのケーキを購入してきました。

まだ味見もしておりませんが、瓶でも熟成していくとの事なので、何時頃開封するかは悩ましいところです(悩)

今回廻った場所以外でも秩父は美味しい、楽しい場所がイッパイです♪

週末が訪れる度の我が家の合言葉は・・


「ぁ、秩父いかなきゃ!」


ここまでくるとチチブスキー末期的症状で処方箋は秩父移住しかなさそうです。。

by seibu_mania | 2015-04-04 23:59 | B級グルメ | Comments(0)


<< 突発、名古屋出張・・・。      秩父で超厚とんかつを・・・。 >>