小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 04日

3MA 復活へのエチュード 2013Ver.その2・・・。

先日から水面下で復活を目指して進めていた3MAちゃんの再生作業。

車体の方は必要なパーツも全て揃い、無事に交換作業も終了。

GW後半戦初日に芝桜渋滞が始まる前の時間にありマダムまで試運転してきました。

e0073289_21592140.jpg


なんか転がり抵抗が大きいなぁ・・と、思ったら、タイヤエアが3月末の日光のまま、前後1.5㌔のままでした(汗)

手放しでも真っすぐ走るのでフレームの曲がりも無さそうで一安心。

e0073289_21594732.jpg


右側のチャンバーは曲がったままなので情けない後ろ姿に・・(涙)
自家板金したテールレンズ用ステーもダメですね。。

ちょうど今、某オクにチャンバー左右で100円で出品されているのですが、後期用なんですよね・・

前期と後期だとキャブも違うし、ポンづけってワケにはいかなそうだし・・(悩)




車体の方は何とかなりましたが、問題は外装・・


こちらも良いタイミングで以前購入した中華マルボロ外装が出品されているのですが、さすがにもう一度あの外装を落札する勇気はありません。。

金銭的に手元にある練習用オンボロ外装をオンボロ・・じゃなくてマルボロ化するしかありません・・

色々寝ながら考え、何か簡単にマルボロ化できる方法は無いモノだろうか・・

帰宅時に駅で悩んでいたら、目の前にやってきた電車は・・

e0073289_2214452.jpg


103系誕生50周年だかでE231系を昔の山手線のウグイス色にラッピングした編成。





翌日、退勤前にお買い物して早速作業開始するも・・

e0073289_2233421.jpg


カッティングシートが薄すぎて下地が透けちゃうし、凹凸は無いんだけど曲面が多くて綺麗に貼れず・・orz

奮発して1台分のカッティングシート購入したのに(←馬鹿です)

やっぱり自家塗装するしか無いのか・・

一応エアブラシもスプレーブースも所有しているのですが、バイクのカウルを吹き付け塗装するにはモノが小さ過ぎなので、必然的に缶スプレーの使用となるのですが、缶スプレーはミストが粗いし、外で吹き付けたらご近所のおば・・奥様方にご迷惑がかかるし・・(悩)

悩んでいても仕方ないのでとりあえずできる事から作業を進めます。

e0073289_2234641.jpg


カウルに貼りついたステッカーをドライヤーとラッカーシンナーを駆使して綺麗に剥がし・・

e0073289_2241361.jpg


パテ盛りして#150のペーパーから足付け兼ねてヤスリ掛け。

さて、問題のスプレーブースをどうするか・・

結局百均で購入してきたブルーシートを敷いて工作部屋を塗装ブース化する事に。
大量のミストが飛び散りますが、あとで掃除機すれば多分大丈夫でしょう・・・

シリコンオフ(脱脂剤)→プラサフ→#600のペーパーで水砥ぎ→スーパーホワイトⅡ→マスキング→スーパーレッドⅡと吹きつけ。

e0073289_2245049.jpg


ソリッドですのでクリヤー吹き付けなくてもコレくらいの艶は出ているのですが、アルプスさんやナムさんはちゃんとクリヤー吹きつけておられるみたいなので、おいらも吹きつけようかな・・

ウレタンクリヤー、高いんだよな・・(悩)

e0073289_2252148.jpg


とりあえずこのまま1週間乾燥させときます。

e0073289_226168.jpg


早く終わらせて大掃除しないと・・(汗)

by seibu_mania | 2013-05-04 22:06 | TZR250(3MA) | Comments(2)
Commented by youroumania at 2013-05-05 00:21
こんばんは
塗料ミストの量がすごいですね。
以前社有車のクラウンのフロントフェンダーを部屋で塗装したことがありましたがここまでなったことはないですよ(笑)
もしかして部屋を締め切って作業されました?

強力な換気扇一基で結構防げるものです。
Commented by seibu_mania at 2013-05-05 02:49
youroumania 様、こんばんは~

いやいや、さすがに閉め切っての作業は自殺行為なのでちゃんと扇風機で強制換気してましたヨ

コレ、おそらくモノを立てかけて吹き付けしていたので吹き返しが多くなって上手く排気されなかったんだと思います。

可能であれば窓に向けて吹き付ければよかったんでしょうけど、モノが大きすぎたので無理でした(涙)


<< キャンプシーズン到来!伊豆だる...      秩父蕎麦ツー大回り・・・。 >>