小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 06日

初めてのエアブラシ 吹き付け編・・・。

と、いうワケで、ようやく吹き付け塗装を再開しました。

折角先日、初めてのエアブラシのコンテンツも作成しましたので、簡単ではありますが、吹き付け編もカキコしたいと思います。

まずは塗料の希釈などに使用する道具の紹介から・・





e0073289_19505451.jpg


これが無ければ始まらない、アクリルシンナー。

おいらはガイヤノーツの特大を愛用しております。
クレオスの物よりお買い得♪
スプレーでの吹き付けよりエアブラシでの吹き付け作業ではシンナーの使用頻度が格段に多くなりますので、なるべくお求め易いモノを購入した方が良いでしょう。

これ以外にも数種類のシンナーをケースバイケースにて使い分けておりますが、それはまた何れご紹介したいと思います。

塗料を攪拌する時に使用するマドラー?と軽量カップ、ボトルから使用量に応じてシンナーを吸い上げる大小のスポイトも必出アイテム。

これらは全て模型店などで購入可能かと思います。
塗料皿はタッチアップなので少量の塗料の攪拌する時に重宝します。


e0073289_19595950.jpg


塗料の希釈の割合ですが、これは好みと言っても過言ではありませんが・・

元々の塗料の濃度(新品の塗料でも、違いますよね)にもよりますが、おいらは大体原液1に対してシンナー2~3の割合で希釈します。
今回は軽量カップの目盛を目安に塗料1に対してシンナー3の量で希釈します。
今回は下塗りを省いて濃色から吹き付けますので、この割合にしましたが、もっと薄色(白や黄色など)では塗料の割合を多くする事もあります。
基本的にシンナーの量を多くした方が艶が出ますが、最終的にインレタ入れ後半艶クリヤーでトップコートしますので、この時点での艶の有無はきにしなくても問題ありません。

e0073289_2053685.jpg


塗料目盛四分の一に対してシンナー四分の三入れてよく攪拌します。

いよいよ吹き付け作業ですが・・・

文章では説明しづらいので、動画撮ってみました。







我が家にはチビ三脚しかないので(涙)アングルが解りづらいかもしれませんが、対象物への距離感や吹き抜く早さは何となくわかるかと思います。

吹き始め、吹き終わりは対象物から外す事はスプレーと同じ。
色々角度を変えて全体にムラがでないようにするもの同様かと思います。

某氏が仰るには、スプレーよりも吹き抜く速度がユックリだとの事ですが、おいらはスプレーでの吹き付けをした事が無いのでわかりません(涙)

これ1面に対して6~9(塗料のノリを見て判断)回、吹き付けてます。

これを1セットとし、最低2~3セット程繰り返せば本来の塗料の色味は出てくるかと思います。

淡色の場合はもう少し多いかもしれませんが。。



そのうち続く・・・かも

by seibu_mania | 2012-10-06 20:12 | 初めてのエアブラシ | Comments(6)
Commented by youroumania at 2012-10-06 22:53
お疲れ様です。
ほかのヒトの作業はなかなか見ることが出来ないので参考になりますね。

てか指まで塗っていますがあとがメンドウですよ、
風呂で落ちますが爪だけ残ったり。。。
ウチでは薄手のゴム手袋を使い捨てにしています。
Commented by bnz34 at 2012-10-07 21:16
こんばんは。

人様の作業の様子って、なかなか見られるものではありませんから、
それを考えると、とてもありがたい記事ですね。

また、使用する機材の差異もあるのでしょうが、
私とはまったく違うので驚くとともに面白いです。

これ、数人がそれぞれ自身の方法をUPすると、
とても興味深い記事集になりそうです。

続編も期待しとりますえ。
Commented by genta-nozz at 2012-10-08 21:20
手まで塗っちゃうのが画期的です。
その手で奥さままで青くちゃダメですよ~。
Commented by seibu_mania at 2012-10-12 16:05
youroumania 様、こんにちは。

参考になるかどうかはアレですが、一人ひとり色んな技法があって面白いかとは思いますねぇ~

>ウチでは薄手のゴム手袋を使い捨てにしています。

薄手のゴムの使い捨てはアレの時だけで十分だと思います(笑)
Commented by seibu_mania at 2012-10-12 16:08
bnz34 様、こんにちは~

塗装作業、文字だけで説明しようとしてもナカナカ上手く伝えられないのですが、動画だったら何とか雰囲気は感じていただけるのではないかと思います。

ひとそれぞれやり易い方法があるかと思いますので、どれが正解なのかは分かりませんが、おいらはとりあえずこれで満足できる結果が付いてきてますが、もっと楽&綺麗な方法があれば試してみたいです。
是非bnzさんも動画うpしてください!

続編は気が向いたら。。
Commented by seibu_mania at 2012-10-12 16:11
genta-nozz 様、こんにちは~

>手まで塗っちゃうのが画期的です。

だってだってだってぇ~

ゴム手とかビニ手とかしたら指先の感覚が鈍くなっちゃうじゃないですかぁ~

まあ、貴殿は感覚鈍くなってナ◎折れする事もないでしょうから関係ないんでしょうが~(笑)


<< 10月7日房総気動車堪能ツアー...      塗装始めました2日目?・・・。 >>