小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 07月 13日

初めてのスプレーワーク(メンテナンス編)

先日、弊倶楽部の仲間たちが遠路遥々我が家まで遊びに来てくれました。

その席で、余剰となっていたタミヤのスプレーワークを福会長殿に無償譲渡させていただいたのですが、メンテナンスの方法が分からないと・・

そういえば、以前来訪していただいた時に吹き付けの要領などはレクチャーさせていただいたのですが、使用後のメンテナンスまでは説明しておりませんでしたので、ネタ切れの穴埋め程度に簡単にカキコしてみたいと思います。
もちろん、スプレーワークに興味のある方、購入してみたいけどメンテナンス方法が・・などと思っておられる方の参考にでもなれば幸いです。

e0073289_12101591.jpg


おいらがいつも使用しているタミヤのベーシックエアブラシ
基本的に塗り幅の狭いNゲージの吹付にはこれを使用しております。
もうひとつ、対象物の大きいモノ用にHGエアーブラシワイドも所有しておりますが、最近稼働率が落ちております。。

コンプレッサーは譲渡したベーシックコンプレッサーの代替えとしてHGコンプレッサーREVOを愛用しております。
ベーシックコンプレッサーでも吹付能力に不満はありませんでしたが、作動音は格段にREVOのほうが静かなので、ご近所の目(耳?)が気になる小心者のおいらにはウッテツケです。



通常の吹付作業後、ブラシのノズル内を洗浄する「ウガイ」という作業を行います・・・

が、昨今のネット環境ではググればいくらでも凡例が掲載されておりますので割愛。
ここからは工作過程にて吹付作業が全て終了した後の洗浄作業の例をします。

ウガイ後、さっそくバラシテいきます。

e0073289_1210413.jpg


1 カップ、ニードルカバー、ニードルトップ(名称あってるかな?)を外します。

e0073289_12103347.jpg


2 下側にある赤いツメを下側に押しながら本体のカバーを外します。

e0073289_12101948.jpg


3 本体右側にあるダイヤル(?)を緩めると、ニードル(針)が緩みますので、先端を傷つけないようにユックリ慎重に引き抜きます。

e0073289_12105988.jpg


4 ノズル本体後ろのビスを緩めるとエアーホースと分解できますので外します。

これでブラシの分解は終了です。確かノズル本体の先端もバラセタような記憶がありますが、どうだったかな・・

バラシテみると分かりますが、念入りにウガイをしてもニードルには結構塗料が付着しているのが確認できます。
バラシタらノズルは次回使用するまでタミヤのエアブラシ洗浄液にでも漬けておけば良いでしょう。
ニードルは先端を傷つけないように柔らかい布などで綺麗に洗ってあげればOKです。

そのうち続く。。。

by seibu_mania | 2012-07-13 23:59 | 初めてのエアブラシ | Comments(1)
Commented at 2012-07-14 00:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 海の日連休内山牧場・・・。      ついに・・・その2。。 >>