小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 19日

3MAショートリンクプレート取りつけ・・・。

朝、起床時は大都会小手指の我が家の室内温度も3℃と今年一番の寒さ(2度目)となりましたが、昼間は日差しが暖かかったですなぁ~

こんな日はお日様の恵みをタップリと浴びながらバイクの整備する事に。

昨年の何時ごろに購入したのか、忘却の彼方ですが・・・

e0073289_17104854.jpg


TZR界では有名なケニーゴバーツさん製作の3MA用のショートリンクプレートを取り付けてみます。

ノーマルのプレートより10㍉ショートにする事によりリヤの車高をあげて旋回性をうpしロングホイールベースで曲がらない3MAに3XV並みのハンドリングを与える事を目標に開発され、鈴鹿サーキットやもて耐などの実戦でも好評を得ている至高の逸品です。





ノーマルのプレートはスチール製かと思われますが、この逸品は超高級硬質アルミ材を削りだして制作されている為に厚みがある為、ノーマルより薄いワッシャーを使用して締め込み幅を確保する事になっております。
おいらは近所のホームセンターで購入したt1.2㍉のSUS材超高級ワッシャー@105を加工して使用します。

まずはワッシャーの加工から。
ノーマルワッシャーの内径は10㍉なので、購入した超高級SUS材ワッシャーの内径を2㍉広げます。

e0073289_17122055.jpg


最初はリーマーで簡単にできるだろうとおりましたが・・

超高級SUS材使用のワッシャーの硬度を甘く見ておりました。。
全くもって文字どおり歯がたたず・・

結局、粗めの丸ヤスリで大まかに削り
ルーターにて仕上げておきました。


加工したワッシャーとリンクプレートを持ち出して早速取りつけ。

右サイドのアンダーカウルを外してフレームをジャッキうp。
ボルトナットを緩めてリンクプレートを取り外します。

e0073289_1713276.jpg


比較してみます。
純正長はホール中心距離が150㍉に対してケニーゴバーツさんオリジナルリンクプレートは140㍉と10㍉ショートとなっております。

サクサク組み立てて取りつけ終了。

ワッシャーの加工が一番メンドウでした。。

e0073289_1713313.jpg


Before

e0073289_17135694.jpg


After

う~ん、カッコイイ、超【E】(惚)

リヤの車高が上がった事により、元からスッキリとしている3MAちゃんのリヤ周りが更にスッキリして好印象ですね。

軽く近所を2㌔程試走しましたが、思ってた以上に前傾がキツクなりますネ
ハンドリングは・・

交差点を曲がった程度では分かりません(笑)

取りあえず今年はこの仕様でいきますが、タイヤの摩耗具合ではアレを装着してみようかと思います。


おまけ

e0073289_17142869.jpg


さっすがヤフオククオリティ・・
色もチリも全く合いませんでした・・orz

by seibu_mania | 2012-02-19 17:17 | TZR250(3MA) | Comments(0)


<< 解体中・・・。      初心に戻って・・・。 >>