小手指車両工場 鉄道模型制作記

seibumania.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 09月 10日

南国のお土産・・・。

先日、鹿児島へ行ってきた両親からお土産をいただきました。

e0073289_22115037.jpg


肥薩線の焼酎らしいです。
空色のボトルがキレイですなぁ~

早速ロックで数杯・・・

トロっとした口当たりと口に含んだ時に仄かに香るさつま芋の甘い香り。。

う~ん、やっぱり芋焼酎は(゚Д゚)ウマー



昼間、Saka-jさまのホームページのコンテンツ「旧国写真集」を拝見しておりましたら、クモニ83100の正面窓下の四角い出っ張り?が無いことに気づきました。。

世の中気づかない方が幸せな事・・

例えば、「彼氏いないんですよぉ~」と、言っていた娘に旦那がいたとか・・

シクシク・・(涙)

e0073289_22122715.jpg

気づいてしまった事はしょうがないので、カッターとペーパーを駆使して削り取りました。
Hゴムのモールドを傷つけないように、横筋がウッスラと出るように努力しましたが・・。

e0073289_22124654.jpg

側板をランナーから切り出します。
ゲートが雨樋ギリギリの位置まで迫っていますので、このままヤスリでゲートを仕上げると雨樋を壊しちゃう可能性があるので、カッターとペーパーで仕上げます。

e0073289_22125943.jpg

と、偉そうに言っても、一ヶ所カッターで傷つけてしました・・・orz
酔っ払いながらやるもんじゃないっすな。。
瞬着を盛り付けて1日乾燥させておきます。

e0073289_22131537.jpg

今日中に箱組予定でしたが、やる事が無くなってしまったので、クハ68のトイレ部分の窓埋め。
t0.5㍉のプラ板で埋めておきました。

週末には塗装できるかと思っていましたが・・・あまかったです。。

by seibu_mania | 2009-09-10 22:55 | 飯田線の旧型国電 | Comments(4)
Commented by クモハ32000 at 2009-09-11 08:21 x
小手指車両所さま
ご無沙汰です!
70系や80系の湘南顔は元々木枠だったグループから300番台までと、300番台以降では鼻の下の筋から窓までの寸法がそれぞれ100mmと35mmで違うんですよ(*^^*)ですから、窓下に通風口のスペースが取れるんです。300番台は窓も縦寸法が大きく、角のRも100mmと大きくなっています。
16番でも、ここら辺をきちっと表現した製品は無く、両者の折衷型になってますね(泣)
Commented by とよぽん at 2009-09-11 18:33 x
すっきり組むのって実は…

ど え ら い 手間が掛かるんですよε- (´ー`*)

ガンバレ~!
Commented by seibu_mania at 2009-09-12 23:24
クモハさま、こんばんは。

なるほど、番台によって正面窓の大きさが違うのですか!
って、事はコレは300番台以前の前面なんですね~

まあ、窓を開けなおす気力も無いので、このまま進めます。。

ってか、80系の保存車って大阪にしかないんですよね・・
しかも3枚窓だし。。
Commented by seibu_mania at 2009-09-12 23:27
とよぽんさん、こんばんは。

どえらい手間をかけてスッキリ見せる・・
ホントに難しいですよね。

何とか頑張ってスッキリできればいいですが・・・


<< 箱組&隙間埋め・・・。      国鉄時代の・・・。 >>